鶯谷の風俗求人の面接を受ける前に情報サイトの一読を

椅子の上で四つん這いになる下着姿の女性

面接はリラックスして

デリヘル店は、基本的に店舗を持っていません。したがって風俗求人に応募した場合、面接は事務所(これはスタッフや運転手のためだけの場所)や喫茶店で実施されるのが大半です。

面接はスリーサイズの他、書類による年齢確認やデリヘル勤務の有無、プレイ内容にNGがあるか否かなどの質問が、デリヘル店の店長や店の幹部によって行なわれます。

デリヘル業はサービス業ですから、緊張せずに明るくリラックスして面接に臨みましょう。

体験入店から始めよう

面接の結果はその場で知らされることがほとんどですが、合格すれば入店となります。この場合、即本入店を勧められることもありますが、まずは体験入店から始める方がいいでしょう。

頭の中でイメージしているのと実際に働いてみるのとは違った感じ方があるかもしれませんし、その店があなたに合っているかもすぐには判断できないので、体験入店から始めて仕事とその店の雰囲気を知るためです。

体験入店するもしくは本入店するのいずれにせよ、初出勤前には簡単な講習が行なわれます。ほとんどの店で行なうのは、講習といっても新人講習用のビデオを見たり資料を読んだりするだけの簡単なものです。

男性へのサービスの練習といった実技指導などは、どの店でもまずないといっていいでしょう。というのも、デリヘル嬢が仕事を覚えるのはあくまでも「実践」によるという考え方だからなのです。

実際に接客を行い、仕事の内容やその店の雰囲気、客層などが把握できて、その後もそこで働こうと思ったなら、本入店の意思を担当者に伝えれば晴れて正式なデリヘル嬢となります。

本入店が決まるとプロフィール用の写真撮影を行い、プロフィールが作成されます。